準備

準備が一番重要なポイント

転職を成功させるために最も重要なステップが準備です。
人によっては「転職は準備に始まり、準備に終わる」とすら言う人がいるぐらいです。

なぜ、そこまで重要なのでしょうか。
それは準備する期間に「どういう転職をしたいか」を決めていただくからです。

何かをしようとする時、ゴールがあるか、ないかでゴールに近づける可能性は大きく変わります。
わかりにくいと思うので、具体的に例を挙げてみましょう。

例えば、ただ、走ってくださいと言われるとすぐに疲れてしまいますが、3km走ってくださいとなると意外と走れてしまいます。
また、今日は7時に起きなければいけないという日は7時に起きれるのに、それ以外だと無理ってこともないですか?
例に挙げたものにあるのは具体的な目標です。

目標があれば行動が起こせる、という人は多いのではないでしょうか?
特にその目標が自分にとってメリットがあるとなると、より行動を起こせる人は増えていくでしょう。

いつから準備を始めればいいか

結論から言えば、最短1ヶ月前、長くても3ヶ月程度が一般的です。
それ以上短いとしっかりとやるべきことをやりきることができないですし、逆に長すぎると転職活動にかける時間が短くなりすぎてしまいます。

  • 急ぎで転職したいなら1ヶ月
  • じっくり転職をしたいなら3ヶ月

このような形で目標を決めて転職の準備を進めるようにしましょう。

転職で準備するものは?

転職の準備で必要なものは以下のようなものです。

  • 自分のキャリアの棚卸し
  • 転職の目的とゴールを決める
  • 転職の計画とスケジュールを決める
  • 転職先の求人探しと情報収拾
  • 筆記試験対策
  • 面接試験対策
  • 応募書類(履歴書、職務経歴書) など

大きく分けて7つのステップが必要となります。
7つもある、となるととても不安になると思いますが、一つ一つは難しいことではありません。
毎日少しずつ時間をかければ、1ヶ月程度で終わるのが普通です。

転職に必要なお金はどれぐらい?

転職に必要なお金は仕事を続けたまま進めるのか、辞めてから進めるのか、で大きく違います。

  • 仕事を辞めていない場合:応募する園がある場所までの交通費、証明写真の撮影代
  • 仕事を辞めている場合:今の給料の3ヶ月ぐらいが目処+上のお金

仕事を辞めていない場合、必要なお金は実費程度になります。
面接に行くまでの交通費や証明写真のお金など、1万円もかからない程度で収まることが多いです。
たくさんの求人に応募すれば高くなりますが、あまり効率がよくないのでオススメしません。

仕事を辞めている場合は、今の給料3ヶ月分程度を蓄えておくと安心できます。
転職を開始してから、転職が決まるまでの期間は平均で3ヶ月程度になっています。
仕事を辞めて転職をする場合、その間は収入がなくなるわけですから、その間の生活費として給料の3ヶ月分程度を貯金しておくと安心でしょう。
実家に住んでいるなど、お金がかからない場合でも2ヶ月程度は貯めておくとよいでしょう。