職務経歴書

職務経歴書ってなあに?

職務経歴書とは、以下のような内容を伝えるための書類となります。

  • 今までの仕事における経験
  • 自分が持っているスキル
  • 仕事における実績、成果など

自分が今までの仕事上の過去の経験を一覧で紹介するために作る書類なのです。

履歴書と職務経歴書の違いってなあに?

履歴書は就職の時にも使っていたし、学生時代のアルバイトでも使っていたので馴染みがあると思います。
でも、職務経歴書は聞き馴染みがないのではないでしょうか?

履歴書と職務経歴書の大きな違いは以下のようなポイントです。

履歴書 職務経歴書
フォーマット
(形式)
決まっている
コンビニなどで定型のものが売っている
決まっていない
基本的に自由だがオススメの形式はある
書く内容 名前や年齢など基礎的な情報がメイン 仕事における経験がメイン
利用目的 人事情報として管理するために利用
保育士さんの転職においては職務経歴書の次に重要な書類です
書類審査のために利用
転職活動においては最も重要な書類となります

同じように見えた履歴書と職務経歴書ですが、実は全く別物なのです。
それぞれの特徴を理解した上で書類を作り始めるととても効率的ですし、迷うことが少なくなります。
ぜひ、このタイミングで違いを理解しておきましょう。

職務経歴書の書き方

職務経歴書は初めに紹介した通り、書類審査のために用いられることがほとんどです。
そのため、書き方にはコツがあります。
コツを抑えた上で職務経歴書を作り出しましょう。

職務経歴書を作るコツは5つに分けられます。

  • 職務経歴書は書類審査に使われる
  • 面接で聞かれる内容を想定する
  • 読みやすいレイアウトを意識する
  • 自分のスキル、経験をアピールする
  • 誤字脱字が無いようしっかりチェックする

職務経歴書は書類審査に使われる

再三、言っている通り、職務経歴書は書類審査に利用される書類です。
そのため、職務経歴書は面接の合否を決定づける非常に重要なものなのです。

職務経歴書なんて読まないでしょ、と適当に書く人も多いですが絶対にダメです。
職務経歴書はとても重要な転職のプロセスとなります!

面接で聞かれる内容を想定する

職務経歴書を書くコツ2つ目は、職務経歴書の中に自分の強みを話すことができる経験を書いておくことです。

職務経歴書は書類審査で使われるため、もちろんのこと面接でも利用されます。
面接の時には職務経歴書を基に質問をされることが多いですし、自分から話す時にも職務経歴書ベースにお話しすることが多いでしょう。

そのため、職務経歴書の中に自分の強みとなるポイントを散りばめておくと必然、自分の強みについて話すタイミングを得ることができます。
逆に言えば、チャンスは自分で作れるわけですから、あえてチャンスを色々と散りばめておくことが重要です。

読みやすいレイアウトを意識する

人は見た目が9割と言われますが、職務経歴書も見た目が9割です笑
つまり、ぱっと見で見やすいレイアウトを意識することが重要です。

見やすいレイアウトにするには以下のポイントを意識してください。

  • 箇条書きで要点を絞る
  • 見出しをつけ、何が書いてあるかをわかりやすく
  • 文字サイズは小さくなりすぎないように

実際、作るとなると色々意識しなくてはなりませんが、テンプレートを利用して書くととても効率的に職務経歴書を作成することができます。

自分のスキル、経験をアピールする

職務経歴書は、自分のスキルや経験をアピールする場です。
応募した園にとって魅力となるあなたの強みを書き込みましょう。

ここで重要なのは応募した園にとって魅力となる、気になってもらえる、ポイントを意識して書くことが重要です。
それを意識しない場合、それは押し売りになってしまい、逆に不利になってしまうので気をつけましょう。

では、魅力的と思われるためにはどうしたらいいのでしょうか?
それは何故、今回その園が採用を始めたのか、その理由を知ることが重要です。

  • 若手が少ないから今後のために若手を入れたい
  • ベテラン保育士さんが辞めたので代わりの人が欲しい
  • 園長、副園長となるような人を探している など

上にあげた3つの例で同じ内容を書いても全てに合格することはありません。
でも、それぞれに向けた職務経歴書を書くことができれば、合格の可能性はグッと高くなります。

誤字脱字が無いようしっかりチェックする

最後は当たり前のことですが、最終チェックとして誤字脱字がないようにチェックをしましょう。

誤字脱字があると受け手としてはとても印象が悪くなります。
軽く見られている感じがしますし、志望意欲が低いようにも感じられてしまいます。
自分では大したことがないと思うことでも、相手にとってはとても不快なものなのです。

誤字脱字を防ぐ方法としては以下のようなものがあります。

  • 少なくとも4回はチェックをする
  • 他の人にもチェックしてもらう
  • 同じ日ではなく、違う日にもチェックをする

上にあげたチェックをすれば、大概の場合は問題がないでしょう。