失敗しない退職

仕事を辞めたことがない人にとって退職はとても言い出しにくいことだと思います。
事実、多くの方が今の職場に言いづらいという理由で退職をためらっているケースが多々あります。
しかし、いつまでもためらっていては新しい職場に行くチャンスは無くなってしまいます。

気軽に、とは言いませんが、何も知らないよりはやりやすくなる退職の方法を紹介していきます。
退職を言い出すのが心配で転職なんて考えられない、という人に是非読んでいただきたいです。

知っておきたい退職の流れ

  • 2ヶ月前:退職の意思を伝える
  • 1ヶ月前:退職日の決定、退職願の提出、引き継ぎの開始
  • 1週間前:引き継ぎの完了
  • 当日:同僚、上司など関係者への挨拶

2ヶ月前:退職の意思を伝える

まず一番初めにすることは退職の意思を上長に伝えることです。
園長や学年主任などに伝えるのが一般的な退職意思の伝え先となります。
園長に伝えるのが気まずいという場合、学年主任に伝えてもよいでしょう。

少しだけ気が楽になる退職意思の伝え方

退職の意思を伝えるのは緊張するし、気まずいなって思う人がたくさんいると思います。
しかし、退職の意思を伝えないと次に移ることはできませんから辛くても頑張らないといけません。

ちょっとでも気まずくない対応方法としては2つのポイントがあります。

  • 話しかけるタイミング
  • 退職意思の伝え方

上記を意識するだけで伝え方の印象はグッとよくなります。
印象がよくなるとあとの対応もよくなるので、面倒だとは思いますがしっかり対応していきましょう。

話しかけるタイミングが重要

退職の意思を伝えるときは上長が忙しくない時を狙うのが重要です。
忙しいタイミングで伝えてしまうと、「また話そう」などと後回しにされるケースや、機嫌が悪いため無駄に強く当たられるケースがあります。

ランチタイム以外の忙しくなさそうなタイミング、か勤務時間外のタイミングで伝えるのがよいでしょう。

退職の意思を伝えすぎると揉める

「絶対に◯日までに辞める」、と伝える人がいますがあまりオススメできる方法ではありません。

話を受けた上長からすると印象がよくないですし、印象がよくないために気まずい雰囲気になりがちです。
また、後述しますが退職の意思を伝えた後は周りの空気が微妙感じになります。
無理に強行突破しようとするとより微妙な空気が強くなるのでできればやめたほうが無難と言えます。

「◯日に退職したいと思っているのですが、どうしていきましょうか」というスタンスで交渉すると協力的なポーズを見せることができ印象が良くなります。

退職の意思を伝える時期

退職を伝える時期については様々な意見がありますが、一般的には2ヶ月前までに言うのがマナーと言われています。
法律的には1ヶ月前までに伝えればいいのですが、あとになってトラブルになる可能性が高くなるので、伝えたくない特別な理由がない場合は2ヶ月前までに言うのがベターです。

また、逆に3ヶ月以上前に伝えてしまうと、しつこく園に残るように言われてしまい面倒なる可能性がグッと高くなります。
短すぎず長すぎず、2ヶ月ぐらい前に伝えるのがスタンダートと言えそうです。

転職先が決まる前に伝えるのか、決まってから伝えるのか

よくある質問ですが、結論から言えば決まってから伝えるのが得策です。

  • 退職の意思を伝えると気まずくなる
  • 確実に辞めなくてはいけなくなる など

決まってない状態で退職の意思を伝えてしまうと自分にとってとてもプレッシャーになりますし、今いる園にもいづらくなるなるケースが多々あります。
「転職=裏切り」という考え方がいまだに日本にはありますので、転職先を決めて、つらいと思う期限を決めることがとても大切になります。

1ヶ月前:退職日の決定、退職願の提出、引き継ぎの開始

退職を具体的に進めていくのは退職前の1ヶ月にグッと集約されています。

  • 退職日の決定
  • 退職願の提出
  • 引き継ぎの開始

大きく3つの対応が必要になってきます。
それぞれは大したことはないのですが、コツを覚えておかないと負担に思うことがありますし、経済的に損をして今うケースもあるのでしっかり確認していきましょう。

退職日の決定

基本的には上長との話し合いで決めるケースがほとんどです。
以下の観点を気にしながら退職日を決めていくとよいでしょう。

  • 引き継ぎに影響が出ないこと
  • 一方的に意思を伝えすぎないこと
  • ボーナスの時期を考えること
  • 有休消化の利用法を考えること
引き継ぎに影響が出ないこと

一番に考えないといけないのは周囲への影響です。

ある意味で上長はあなたが辞めることは仕方ないと思っています。
一番恐れているのは、あなたの退職を知った周りの人間が連関して辞めてしまうこと、引き継ぎの負担でモチベーションが下がってしまうことを恐れています。

引き継ぎについては、あなたの負担だけではなく引き継ぎを受ける相手の都合も意識すると印象が良くなります。
特に引き継ぎを受ける相手は「自分の仕事が増えた」という印象を受けるため、時間は長めに設定しておくと良いでしょう。

一方的に意思を伝えすぎないこと

前の項目でも解説しましたが相手がキレます。

  • この忙しい時に何を言ってるの?
  • 仕事もできないくせに辞めるの?
  • ちょっとしたことで辞めるの?
  • せっかく面倒を見てあげていたのに辞めるの?

などなど、上長には色々な感情が渦巻きます。
多少なりお世話になっていた上長ですから、あなたから退職の意思を伝えられることはショックです。

そんな相手に色々と一方的に意思を伝えられると相手は不信感が大きくなります。
退職前の最後の優しさ、気づかいとして気づかいをするようにしましょう。

ボーナスの時期を考えること

最後に重要なのはボーナスの時期が近い場合、ボーナスはもらってから辞めましょうということです。
園の規定によっては、たった数日の違いでボーナスをもらえないケースもあります。

  • ボーナスがもらえる条件を確認する
  • ボーナスが減額される条件がないか確認する

上記をしっかり対応することでボーナスがもらえるんだとしたらとてもお得ですよね。
ボーナスは少ない金額ではないですから(一般的に、ですが…)、ちょっと退職時期を考えて調整をかけることでしっかりと受け取れるようにしましょう。

有休消化の利用法を考えること

ボーナス同様に活用したいのが有給の活用です。
有給を残している場合、有給消化をすることでお金をもらいながら休むことができるわけですから使わない理由がありません。

ただ1点、注意が必要なのが転職先に入社する前に消化をしなければならないということです。
原則として正社員として雇用される場合、2つの会社に所属することは禁止されているケースが多々あります。
最悪の場合、新しい勤め先でトラブルになるケースも想定されるため、きちんと入社前に利用する必要があります。

1週間前:引き継ぎの完了

退職する側のマナーとして引き継ぎが完了していることは必須内容です。
引き継ぎをおろそかにしたまま転職すると、

  • 離職した園にいる仲間とギクシャクする
  • 仲間から悪口や悪い噂を流される
  • 最悪の場合、新しい園に連絡が来る など

上記のように色々なデメリットがあなたにも降りかかってくることになります。
引き継ぎはキチンと終わらせることが円満な退職に向けた必須条件です。

引き継ぎ完了の意識合わせをする

よくあるトラブルとして、あなたは引き継ぎが終わったと思っていても相手が思っていないケースがあります。
あなたも相手も自分の都合が良いように捉えてしまい、引き継ぎのゴールがちぐはぐになってしまいます。

あなたも無限に引き継ぎをできるわけではないですから、明確に「ゴールはここまでです」と相手に伝えることが重要になってきます。
普通の園であれば、話し合いの中でトラブルになることはありませんし、明確にゴールを設定する姿勢がポジティブに捉えられることがほとんどです。

少し面倒に思うかもしれませんが、キチンとすり合わせをすることで自分の身を守りましょう。

引き継ぎ内容の読み合わせをする

ゴールをすり合わせたあとは引き継ぎ内容をまとめると思います。
その際、注意したいのは引き継ぎ内容の読み合わせを必ず実施することです。

引き継ぎのゴールもさることながら、内容の読み合わせをしないとあとで内容がわからないと言うことになりかねません。
そうならないように内容はキチンと資料にまとめておきましょう。

資料を作る上では以下のポイントに気をかけるとより理解のしやすい資料を作ることができます。

  • 引き継ぎ表をしっかり作る
  • 資料は項目立ててマニュアル化する
  • 注意するべき内容を別資料でまとめる
引き継ぎ表をしっかり作る

引き継ぎの精度を高めるためには引き継ぎ表を作るととても便利です。
引き継ぎ表は以下のような表となります。

  • 引き継ぎの内容が網羅的に書かれている
  • 箇条書きで簡潔に内容が分かる

簡単に作ることができる表ですが、この表があるのとないのでは引き継ぎの精度が大きく変わってきます。
少し手間ではあるのですが、引き継がれる方にとってはとてもありがたいものです。

資料は項目立ててマニュアル化する

資料はテーマに分けて作成すると受け手からするととても分かりやすくなります。
テーマごとに項目をしっかりと立ててマニュアルを作るようにしましょう。

  • イベント
    • 1月:お正月餅つき大会
    • 2月:父兄合同節分大会 ・・・
  • 日常業務
    • おやつの用意
    • こどもごとのアレルギーなどの特徴 ・・・

上記のように引き継ぐ内容の大テーマ、子テーマを記載し項目ごとに詳細を書いてあげるととても分かりやすくなります。

逆に効率が下がるのがバラバラと漫然と書かれている引き継ぎ資料を作ってしまうことです。
そのような資料を作ると話す側に立つあなたも話しにくくなりますし、聞き手も混乱してしまい引き継ぎに時間が多くかかってしまいます。

効率的な退職を推し進めるためには少し手間であっても、しっかりと項目立てて資料を作るようにしましょう。

注意するべき内容を別資料でまとめる

引き継ぎで注意すべきなのは重要な内容が引き継ぎ漏れてしまうことです。

  • アレルギー情報
  • 親からの伝達事項
  • その他生命や家族に関わる情報 など

上記のような内容について引き継ぎが漏れてしまった場合など、園に大きな迷惑をかけることになります。
辞めてしまったら問題がないという人もいますが、大切なこどもたちに危険を与えてしまっていいのでしょうか?

そういったことを防ぐためには、こういった重要な項目については別途で資料を用意することをオススメします。
資料の作り方は今まで説明した方法と同じ対応で問題ないですが、タイトルを以下のようにすると効果的になります。

  • 【重要事項】引き継ぎ一覧
  • 【必ず確認】重要事項引き継ぎ書

一般的なタイトルと大きく違う警告をイメージしたタイトルをつけると効果的にアラートすることができます。
膨大な引き継ぎ内容の中で最も重要なこどもに関する情報が引き継がれることが滞らないよう、しっかりと気遣いのある引き継ぎ資料を作るようにしましょう。

当日:同僚、上司など関係者への挨拶

さて諸般の準備が済むとアッという間に退職当日になってしまいます。
色々な思いがあって退職をすることを決めたわけですが、終わり良ければすべて良しで挨拶はとても重要になります。

嫌いな人、苦手だった人に対して挨拶をキチンとすることで、実は相手があなたのことをどのように考えていたか分かることがあり、退職時に感動してしまったり、泣いてしまったりという話をたくさん耳にしています。
縁があって入社した園ですから、最後はしっかりと思いにカタをつけて次の園で活躍する準備をしましょう。

キチンとした退職挨拶をするために意識したいこと

  • 基本は面と向かって挨拶
  • 挨拶できない人にはメールを送る
  • 園外の人にも忘れずに
  • スピーチは内容が肝心
基本は面と向かって挨拶

退職時最後のイベントは各所への挨拶です。
挨拶の基本ですが、面と向かってやることがベースとなります。

面と向かって挨拶をしなかった場合、挨拶がなかったなどありもしない噂を流されたり、失礼なやつだなとと指摘されることがあります。
面倒なことにならないよう、しっかり個別に面と向かって挨拶をするようにしましょう。

面と向かって挨拶をすることで文句を言われることが減りますし、何より少しはお世話になった人に最後ぐらい顔を見せても良いでしょう。

挨拶できない人にはメールを送る

体調不良やシフトの関係などで退職当日に会えない人もいると思います。
その場合はメールを活用して、しっかりと各人に挨拶をするようにしましょう。

メールで挨拶というと気持ちが重くなるかもしれませんが、例文がたくさんありますので例文を元に気軽に作るようにしましょう。
今までお世話になったことをメールに込めて、キチンとした文章で送るととても好感を持たれます。

できれば、面と向かって挨拶をしたいところですが、状況によっては難しいこともあるでしょう。
メールを活用してしっかりと関係者にお礼を伝えましょう。

園外の人にも忘れずに

立場によって、また役割によっては園外の人と関わることもあると思います。
また、個別で連絡を取っていたりする父兄の方などにも退職をする場合にはメールなどで連絡をしておきましょう。

面と向かって挨拶するのも良いですが、外の人の場合、挨拶をしたしないでトラブルになるケースもあります。
あのママには挨拶するのに、私たちには挨拶がなかった、など無用なトラブルを避けるためにも園外の人に対してはメールなどで挨拶をするとよいでしょう。

どうしても個別に挨拶をしたいという人がいる場合は、目立ちすぎないよう挨拶をしましょう。

スピーチは内容が肝心

退職時の恒例イベントとしてスピーチがあるケースもあるでしょう。
あまり人前で話すことが苦手で避けてきた人も退職の挨拶は避けることが難しいでしょう。
スピーチと言っても基本的にはただの挨拶ですから気にせずに自信を持ってやりましょう。

スピーチにはコツがあります。

  • 大きな声で話すこと
  • 簡潔に、短めでもOK
  • 仲のいい人に意識を向ける
  • 批判的な内容は言わない
大きな声で話すこと

話すのが苦手な人にとっては大変かもしれませんが、できるだけ大きな声で話しましょう。
内容が聞こえないと印象が悪いですし、やり直しをしなければならないこともあります。

面倒だからこそ、しっかりと声を出すようにしましょう。

簡潔に、短めでもOK

長く話さなくてはいけないと思い、緊張する人もいるようですが短くても問題ありません。
むしろ、長めに話される方が嫌がられるケースが多いほどです。

要点をまとめて簡潔にスピーチをすることで印象がよくなります。

仲のいい人に意識を向ける

スピーチをしている時に批判的な目線を向けてくる人がいます。
そんな目線を意識すると緊張してしまい、挨拶がうまくできなくなると思います。

その際、意識していて欲しいのが仲のいい人に向けてだけ話しているというつもりで話すということです。
仲のいい人と話している時はそれほど緊張しないと思いますが、上司や仲のあまり良くない人の前で話すと緊張が深まると思います。

そんな場合、仲のいい人だけに向けて話しているんだと思えば気が楽になりませんか?
実際、スピーチを多くするコンサルタントなどはそういったことを意識してスピーチに向かい合っています。

批判的な内容は言わない

最後はマナー的な意味もありますが、批判的な内容を話すのはやめましょう。
とても印象が悪くなりますし、最悪の場合、その場で怒られたり喧嘩になったりするケースもあります。

嫌なことがあったとしても大人として最後ぐらいは気持ちよく挨拶できるようにしたいですね。

最後に

退職は面倒だと思うことが多いでしょう。
しかし、しっかりと対応することで次に繋がることも多いですし、引き継ぎの手間を大きく減らすことができます。

次の職場が決まり、あなたはウキウキワクワクしていると思います。
その陰であなたが今までしていた仕事を引き継ぐ人がいます。

退職するあなたがすべきことはしっかりと引き継ぎを実施し、引き継ぐ人に迷惑をかけないこと。
そして、気持ちよく最後の挨拶をして印象よく退職をすることに尽きます。

退職という節目だからこそ、そして縁があって入社した園ですから最後ぐらいは気持ちよく退職をしましょう!