ちゃんと対策できてる??保育士のストレス、原因と対策を徹底分析

毎日毎日、ストレスでヤバめですよね〜、、、

そのストレス、ちゃんと対策できてますか??

ストレスに対して対策ができてないと、思わぬ大病に繋がりかねません。

今回はそんなストレスの原因と対策をしっかり解説していきますね。

<こんな人に読んでほしい>

  1. 何となく体調不良が続いている人
  2. ストレスが溜まってるなぁと感じている人
  3. ストレスは溜まってないけど溜まった時に備えたい人

それでは今日も始めていきましょう〜〜!

まずはストレスチェックをしましょう

コロキャリアでは定番で申し訳ないレベルになっていますが、まずはストレスのチェックをすることが大切です。

今は便利な世の中になったもので、厚生労働省という国の組織がストレスチェックツールを作ってくれています。

<5分でできる職場のストレスチェック>

https://kokoro.mhlw.go.jp/check/

5分でできるって書いてありますが、多分5分じゃ終わらないです。

でも、10分では絶対に終わるので、まずはこのチェックを使ってみてください!

ストレスは把握することが大切

ストレス対策で一番大切なことはストレスの度合いを認識することです。

ストレスが溜まってないと思っている人はストレスが減ることはありません。

逆に過剰にストレスが溜まっていると思っている人は、溜まってないことを認識するだけで楽になります。

そう、どちらの場合でもストレスの度合いを認識することから対策が始まるのです。

この記事に行き着いた方は多かれ少なかれ、今の生活にストレスを感じていることでしょう。

それが仕事から来るものなのか、私生活から来るものなのか、それを把握するのはとても大切です。

コロキャリアは仕事のストレスについて語ります

申し訳ないのですが、私生活のストレスについては私から語れることはありません笑

それは、占い師やそういった専門家の方に相談してもらったほうが正しい答えが出る気がします。

コロキャリアは保育士さんの仕事を応援するためのメディアですので、今回は保育士さんの仕事からくるストレスについて語らせていただきますね。

現役保育士さん400人に聞いた仕事のストレス

コロキャリアでは毎年1回、400人前後の保育士さん達にアンケートを取っています。

今回の記事はそのアンケートデータの結果をもとに解説していきます。

<保育士さん達のストレス分析結果>

保育士さん達にご協力いただいたアンケートの結果、以下のようにストレスの原因を分けることができました。

  1. 保育園内の人間関係
  2. 保育園外の人間関係
  3. 労働環境の悪さ
  4. 待遇面の悪さ

この4つに大きく分類することができました。

上から順に回答者が多く、多くの方が悩んでいる内容になっています。

あー、分かる分かるという感じでしょうか?

納得した方も、しない方も、内容を個別に解説していきますね。

保育園内の人間関係

これはもう保育士さん達にとってはキングオブストレスとも言える内容ですよね。

これに異論を唱える方はいないと思います。

先輩、後輩、同期など関係性が良くない同僚がいると気を揉んでしまい、ストレスにつながることが多いでしょう。

人と人なので相性がある、と分かっていてもどうしてもイライラしてしまう、なんてことに。

保育士の現状と主な取組という厚生労働省のレポートの中で紹介されている保育士さんの退職理由について見てみると、33.5%もの人が職場の人間関係が原因で退職に至ったとされています。

33.5%がどのぐらいかというと、なんと3人に1人という計算になります!

参考:https://www.mhlw.go.jp/content/11907000/000592531.pdf

保育園内の人間関係、これはいつの時代も圧倒的なストレスナンバーワンですね、、、

保育園外の人間関係

先ほど紹介した保育士の現状と主な取組の中でも7.4%ほどの方が悩まれていたのが保護者を代表とする保育園外の人間関係です。

実際、保育園の現場では大半の保護者が協力的ではありますが、ドラマやニュースなどで取り上げられることもあったモンペ、いわゆるモンスターペアレントがいることも事実です。

保護者本人も、自分の子どもに対する愛情がありすぎて、モンスター行為、つまり迷惑行為や過剰な要求をする方がいるんだろうと思います。

でも、それを受ける保育士さんはたまったもんじゃありませんよね。

そんな人、ほとんどいないよねって思うかもしれません。

でも、7.4%ということは、10人に1人は保護者との関係に悩み、職場を変える決心をしています。

10人に1人ということは、今いる保育園の中に1人は今現在まさに保護者との関係に悩んでいるということになります。

そう考えると結構身近な悩みじゃないですか??

意外と自分にも降り掛かる可能性のあるストレスかもしれません。

労働環境の悪さ

保育園はブラック企業なんて言われますが、正直にそれは正解だと思います。

保育士さん一人一人が対応しなければならない仕事量はとても多く、それに伴い、仕事で拘束される時間も長くなりがちです。

さらに運動会や出し物などのイベントも最近では働く保護者のために土日に開催されることも少なくありません。

世間一般の企業に勤めている場合、最近では残業禁止の流れになっていますが、保育園ではまだ残念ながらそういった流れは一般的になっていません。

周りの一般企業に勤めている友達とお話しなどをされた際に、保育園のブラックさに嫌気が差して退職に至るというケースが少なくありません。

でも安心してください!

保育士不足が叫ばれる中、保育園の中にはブラックな環境を変えようと労働環境の改善を進めているところも増えてきてきます。

理由は簡単で、保育士さんが集まらないと保育園を運営していくことが難しいからです。

普通に考えて、環境が悪い保育園と環境がいい保育園を比べた場合、環境がいい保育園に人が集まるのは当たり前のことですよね。

ただ、道は半ばです、、

まだまだ、労働環境の悪さにストレスを感じている保育士さんが多いのは事実です。

待遇面の悪さ

労働環境が悪くてもお給料が高ければ、納得できるという人も世の中にはいるようです。

ただ、保育士さん達の悩みは労働環境が悪いことに加えて、待遇面も良くないということですよね。。

詳しくは以前、保育士さん達の給料事情についてまとめた超大作記事があるので、そちらをご確認ください涙

<記事リンク>

たびたび、取り上げて申し訳ないですが、保育士の現状と主な取組の中でも29.2%と約3割の人が給料の少なさを理由に転職をされたようです。

全体の中でも2番目に多い転職理由になっていますので、悩んでいる人はたくさんいることが簡単に想像できますね。

ストレスは対策できる今すぐ実践できる対策を紹介

さて、前の項目ではさまざまなストレスの原因をご紹介してきました。

ストレスの原因をきちんと認識し、ストレスにきちんと向き合うことが大切です。

この項目では具体的なストレス対策についてご紹介していきますね。

<具体的なストレス対策>

今回、紹介させてもらいたいのは以下の5つのストレス対策です

  1. ゆっくり休む
  2. 周りの相談できる人に相談をする
  3. ストレス発散できることをする
  4. それでもどうにもならなければ病院へ行く
  5. 転職は最後の手段

リストアップしただけでは分からないと思うので、具体的に内容を解説していきますね!

あなたが気になる内容だけでも確認してみてくださいね。

どの対策も一定の効果は期待できるものです。

まずは身近に始められるものからでも良いので対策をしてみましょう。

ゆっくり休む

まずは可能ならゆっくりと休む時間を確保することです。

ストレスに加えて、忙しさに巻き込まれてしまうと冷静に判断する能力がグッと下がってしまいます。

結果として、ストレスによるイライラ感がより強くなってしまいます。

そんなことにならないように、まずはゆっくりと冷静になるための時間を確保することです。

その時のコツとしては何もしないこと

休んでいる間に何かをしてしまうと、結局忙しさを感じてしまい、せっかくの休みが台無しになってしまいます。

何もしないでじっくりと自分の気持ちを整理する時間を作ること。

これがとても大切な休み方のコツです。

周りの相談できる人に相談をする

次に大切なのはストレスを一人で抱え込みすぎないことです。

家族や恋人、友人など自分の周りで相談できる人に相談を持ちかけ、ストレスを感じていることについて吐き出してみましょう。

意外と話してみるだけでもスッキリすることがありますし、意外な回答をもらうことができ解決に向かうこともあります。

自分だけでストレスを抱えていると、どうしても悩んでふせぎがちになってしまいます。

そんな時は気持ちを吐き出すことがまず大切になりますので、まずは信頼できる人に気軽に相談してみましょう。

ストレス発散できることをする

スポーツなどのアウトドアや自宅でできる趣味を持っている人はその趣味にのめり込んでみる。

または思い切って旅行に行って思いっきり楽しんでくる。

こんなようなことでストレス発散ができる人は、ストレスが発散できることをとにかくやってみるのもアリでしょう。

ストレスはどうしても溜まってしまうものです。

ですが、定期的にガス抜きができれば一概に悪いものとはではありません。

問題は自分の中に抱え込んでしまい、ガス抜きができなくなる状況です。

定期的に趣味などでガス抜きできる人はしっかりと時間をとってガス抜きすることがとても大切です。

それでもどうにもならなければ病院へ行く

以上の3つを試してみても、

  • 全然ストレスが減らない
  • 減らないどころか、気持ちが沈んでくるようなこともある

そうなってしまった方は一度、病院へ行ってみるのもありです。

というのも、その状態をずっと放置してしまうとうつなどの病気につながってしまうことがあるからです。

うつについては別のページで紹介しています。

気になる方は一度内容をご確認ください。

<関連リンク>

転職は最後の手段

転職情報サイトなどで転職をすすめるサイトもあるようですが、実際ストレスが原因で転職を考えるのはあまりいい手段ではありません。

理由はシンプルで頭に血が上っている状態で物事を考えてもいいことはないからです。

転職は人生の転機になる重要なターニングポイントです。

つまり、冷静に考えて納得した上で転職は進めるべきものであって、一時の感情に振り回されて感情的にするものではないのです。

でも、どうしても環境を変えてみたいと思う方は、一度冷静に自己分析をしてから転職を考えてみましょう。

失敗しない自己分析の方法については過去に紹介していますので、過去の記事を参考にしてみてください。

<参考記事>

ただし、転職ありきで考えずに冷静になってから自己分析を進めるようにしてくださいね!

ストレスの原因や対策は人それぞれ

今回は保育士さん達のストレスの原因と対策を解説してきました。

色々なストレスの原因について紹介してきましたが、人によってそれぞれというのが実際のところです。

  • 人によっては、Aはダメだし
  • 人によっては、Bが絶対許せない

こんなことは普通にあることです。

そうなんです、ストレスの原因は人によって大きく違います。

また、対策も人によって効果があるもの、ないものがあります。

大切なのは、

  1. 自分で勝手に判断しないこと
  2. 色々と試してみること

この2つを意識することです。

ストレスを感じるなーという方、まずは冒頭にご紹介したストレス診断で今の状況を的確に診断するところから始めていきましょう!

ストレスは必ず解消できます!

地道にストレスに向き合っていきましょう〜!