どうしても休みたい!保育士さんが有給休暇を気軽に取るための方法

園の雰囲気、空気感や、時期によっては有給休暇って取りにくいですよね。

無理に取得してしまうと変な空気になるし、人によっては嫌味を言う人もいますよね。

当たり前の権利なのに使うとなると気を使う、、、

 

そんなあなたに向けて今回は有給休暇を取得するための方法をご紹介しましょう!

また、最近では有給休暇に対する法律も変わってきているので、そのあたりについても紹介していきますね。

 

まず、有給休暇はどうするともらえるのか、から整理

有給休暇は労働基準法で定められた権利です。

具体的な条文は以下ですね。

 

(年次有給休暇)

第三十九条 使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。

参照元:https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=322AC0000000049#232

 

半年以上勤務×8割以上出勤した場合、もれなく10日間の有給をもらわらないとおかしいっすよってことが書かれています。

もし、これに該当するのに有給をもらっていないという人は、秒で労働基準監督署に連絡してください、完全に違法です!

 

保育園都合でぐずぐず言われても知らないってこと

つまり、保育園の都合でぐずぐず言われても、知りませんよーで法律的には問題がないということです。

止めてくる相手が保育園(=経営者/上司)だった場合は、「法律で決まっていることなので」で対応してしまって問題ないということですね。

 

もし、それで休んであなたが立場上、不利になるようなことがあれば、自信を持って労働基準監督署に言ってしまって問題ないです。

それがあなたのためでもありますし、あとに続く後任の保育士さんのためになると思います。

 

労働基準監督署は各都道府県ごとに設置されていますので、もうどうしようもないなってときは連絡してみましょう。

 

労働基準監督署 一覧

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/location.html

 

あとちなみに豆知識

この後、有給休暇を取りやすくするための理由5選を紹介させてもらいますが、基本的には有給休暇を取るための理由を説明する必要なんてありませんからね!

聞かれたら、私用ですと答えるだけで十分ですよ!

 

でも、人間関係的に気まずいんです!というとき

以上、有給休暇の取り方でした!終了です!!

 

となってしまうと、実際に使えない内容になってしまうのは分かっています。

今回はスムースに有給休暇を取得するために利用できる5つの理由をご紹介しましょう。

 

  1. 親/親戚関係のため
  2. 通院のため
  3. 工事などのため
  4. 役所での手続きのため
  5. 子どものため

 

順番に見ていきましょう!

 

親/親戚関係のため

一番無難かつよく使われる理由ですね!

 

  1. 田舎から親/親戚が来るので
  2. 親/親戚に頼まれごとをしていて

 

という感じで、伝えれば、なかなか周りの人も強く言いづらいですよね。

親や親戚なら仕方ないか、となりがちです。

 

通院のため

定期的な検診など実際にこういった理由で有給休暇を取得する人は多いです。

そのため、通院があるので、という理由になると比較的納得されやすいです。

 

ただ、気をつけなければならないのは、

 

  1. 重い病気だと勘違いされる
  2. 言った日に元気だったのに、となる
  3. (前回この理由だった場合)期間が短すぎる

 

といったことは気をつけるようにしましょう。

あれ、おかしいよなって思われるきっかけになってしまいます。

 

工事などのため

ここからはあまり何度も使うことはできませんが、断られにくい理由を紹介します。

 

まずは、何らかの工事が入るが、それは平日しかやってもらえないというものです。

 

  1. 電化製品の設置工事
  2. 水道などのトラブル解消のためにする工事
  3. 家の設備工事
  4. インターネットの開線工事、など

 

上のような理由がたくさん起こることはないので、何度も使えませんが数ヶ月に一度であれば有効な理由になります。

 

役所での手続きのため

THE平日にしかできないことランキング1位と言っても過言ではない、役所での手続きがここで挙がってきます。

工事と同じように何度も役所に行くことはありませんので、何度も使うのは厳禁です。

 

この理由が便利なのは、全日休むときではなく、半休だけしたいなって時によく使われます。

 

たかだか役所での手続きで全日休む?

 

と感じるのが主な理由ですが、逆にそれを利用して半休を取得したい時に利用するととっても便利です。

 

子どものため

お子さんがいる方、限定となりますが、親同様にお子さんを理由にするのも断られにくい理由の候補に挙がります。

ただ、保育園という都合上、もしお子さんを近隣の保育園に預けている場合は注意してくださいね。

 

意外や意外と話が回って、上司に知られてしまったという話も聞かないことはないです。

ま、さすがにあまりないと思うのですが、注意だけはしておきましょう。

 

嘘がバレたらやばいの??

こんな理由を伝えておいて、なんかの理由でバレてしまったら問題になるの?というお話をいただくことがあります。

ですが、結論、

 

全く問題ないです!

 

なので、あまり理由を深く考える必要もないですが、今回紹介した理由を使うと比較的に周りの保育士さんたちや上司から色々と言われることは少ないでしょう。

 

いざというときに休みが取れないと精神的にも辛くなってしまいますし、当たり前の権利なので迷惑をかけない範囲で活用していきたいですね。

 

有給が取れないから転職、は止めたほうが良い

たまに有給休暇が取れない保育園なんて転職して辞めてしまえ、という記事を紹介しているサイトもありますが、こんなことで転職をしてしまうともったいないと思います。

※他にもたくさん理由があって、ということであれば別ですよ?

 

有給を取るのが気まずい、という方もいますが、何度も言いますが権利です。

権利を使ってとやかく言われる必要は全然ありません。

 

また、大切なのはあなた自身の身体や精神の健康です。

周りの人に何と言われようと休みたいと思ったときが休みどきです。

あまり考えすぎず、有給休暇を有効に活用していきたいですね。